免許証だけでもお金が借りれる消費者金融の正体

免許証だけでもお金が借りれる消費者金融とは?

スポンサードリンク

免許証のコピーだけで借りれる消費者金融が増えている現状について

最近、よく目にするのが「免許証のコピーだけでお金が借りれる」という消費者金融です。

 

 

このキャッチコピーは一体誰が考えたのか分かりませんが、上手い表現だと笑ってしまいました(笑)

 

 

確かに免許証のコピーだけでお金が借りれるならば、苦労はありませんからね!

 

 

通常、消費者金融でお金を借りる場合は色々と手続きが面倒であります。

 

 

申込みフォームに事細かく自分の個人情報を記入して、免許証は収入証明などの提出書類を出して、本人確認の電話を応対し、在籍確認を受ける・・・・・そして審査結果を待つ。

 

 

一度でも消費者金融でお金を借りた経験のある方ならば、この面倒さは実感しているでしょう。

 

 

そして、消費者金融からお金を借りる人って、どちらかと言いますとズボラで面倒くさがりやさんが多いです(私も含めて・・・)

 

 

出来れば簡単な手続きと面倒な手間を省いて、安い金利で沢山借りたい・・・・というのが本心です(笑)

 

 

それらの顧客の欲求に応えるべくして登場したのが「免許証だけで借りれる消費者金融」というわけです。

免許証のコピーだけでお金が借りれるってどんな消費者金融かな?

さて、では実際のところ免許証だけでお金が借りれる消費者金融とは一体どんな業者だろうか?

 

 

これは別に難しく考える必要はありません。

 

 

『免許証だけでお金が借りれる消費者金融=収入証明書が不要の消費者金融』・・・・・・ということになります。

 

 

単純明快ですよね(笑)

 

 

消費者金融でお金を借りる時の申込み手続きを少しでも簡単かつシンプルにし、お客さんが融資の申込みをしやすいように「収入証明書は不要です」としたわけですね。

 

 

消費者金融からお金を借りる時に、提出する書類が「免許証のコピー」だけでOKであれば、あなたも申込みしやすいと思いませんか?

 

 

免許証のコピーを消費者金融会社にFAXするなり、免許証の写真をスマホで撮って、メールのファイルに添付して消費者金融会社に送ればいいだけの話ですから、とっても楽ですよね。

 

 

その時、収入証明書を用意しなくてもOKですから「あ、今すぐ申込みしようかな?」という気持ちになりますよね。

 

 

ちなみに消費者金融で通常必要になる収入証明書とは「源泉徴収票(去年の分)」「給料明細(数か月分)」「納税証明書(去年の分)」などです。

 

 

正直いって、これらの収入証明書を揃えるのは面倒ですよね?

 

これだけで『やっぱり消費者金融に申込みするのはやめた・・・』となる人も少なくないと思います。

 

 

消費者金融会社も、こういうお客の心理を知っているので最近では「収入証明書はいりませんよ。給料明細だけでOKですよ!」・・・・としたわけです。

 

一人でも多くの融資顧客をつかむために、申し込み手続きを簡便化したのですね。

 

 

免許証のコピー以外でも健康保険証やパスポートのコピーでもOK

さて、『免許証のコピーだけでお金を借りれる消費者金融』で気になるのは、「免許証を持っていない人はどうすればいいの?」・・・・・というオチですよね?!

 

 

世の中には車に乗らない人もいますし、免許証をお持ちでない人も多くいるかと思います。

 

 

そういう人の場合は、免許証以外の代替書類を揃えればOKです。

 

 

具体的には、パスポートのコピーとか、健康保険証のコピー国民健康保険証のコピーなどです。

 

 

要するに、『自分の身分証明書』『本人確認書類』を揃えさえすれば、別に免許証のコピーでなくてもOKです。

 

 

別に難しく考える必要はありません。

 

 

あと、余談ですが専業主婦でも借りれる消費者金融(銀行カードローンなど)は全体的に「300万円までは収入証明不要」としている所が多いです。

 

つまり免許証のコピーだけでOKという事です。

全てのお客さんが「免許証のコピーだけでOK」という訳ではありません

最近、流行の『免許証のコピーだけでお金が借りれる』・・・・という消費者金融。

 

 

これはつまり『収入証明書が不要の消費者金融』・・・・という意味なのですが、全ての人が免許証のコピーだけでOK(収入証明書不要)という訳ではありません。

 

 

 

やはり融資の申し込みをする人によっては「免許証のコピー以外の書類も必要」、、、、つまり「収入証明書が必要」のケースもあります。

 

 

 

では実際に、『免許証のコピーだけではNG(収入証明書が必要)』な人はどんなタイプの人だろうか?

 

 

ここでは免許証のコピーだけでは済まないタイプの人の例をあげてみます

 

 

『免許証のコピーだけでは借りれない人の例』

 

 

タイプ1)収入が安定したいないと思われる人

 

 

タイプ2)過去に訳ありの人

 

 

タイプ3)自営業の人

 

 

以上、消費者金融の融資で免許証のコピーだけで済まない人は上記の3つのタイプに当てはまります

 

 

タイプ1)の人の場合、いわゆる安定収入があまり無いと金融会社の審査部に思われてしまっている人ですね。

 

 

例えばアルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用者の方、国保(国民健康保険)の人は収入安定面で貸し倒れリスクの不安があるとみなされて審査時に「収入証明書も提出して下さい」というケースになる場合もあります。

 

 

タイプ2)の過去に訳ありの人・・・・いわゆる破産歴や債務整理歴がある人、個人信用情報機関にブラックリストの履歴がある人の場合は当然ですが貸し倒れリスクが高いとみなされるので、たいていが仮審査の段階で落とされます。

 

 

しかし属性が高い人や高収入の人などは仮審査をパスする場合もよくあります。

 

 

そういう方の場合は、過去は不問にし、現在の収入安定性や返済能力を証明して貰うために収入証明書の提出を求められることがあります。

 

 

タイプ3)の自営業の方・・・は、もはや有無を言わさず収入証明書の提出を求められます。

 

 

これは『免許証だけでOK』と宣伝している消費者金融会社の公式HPなどを見ても一目瞭然です。

 

 

『自営業の方は収入証明は必要です(源泉徴収票、又は納税証明書)をご用意ください』・・・・と表記されている消費者金融会社やカードローン会社が多いです。

 

 

つまり『免許証だけで借りれる会社』といえども自営業者は例外といえます。

 

 

なぜ自営業者は免許証だけではNGなのか?

 

 

それは勿論、自営業者はサラリーマンや公務員よりも収入が安定していないと思われているからです。

 

 

サラリーマンのように毎月固定給で安定収入が得られないのが自営業者です。

 

 

だから、審査時に収入証明書の提出を求められるんですね。

 

 

『免許証のコピーだけでOK』は条件付きがほとんど

免許証のコピーだけで借りれる消費者金融はここだ!

スポンサードリンク


ホーム サイトマップ