教育ローンとして消費者金融で借りるのは得か?損か?有効なのか?

教育ローンとして消費者金融で借りる

スポンサードリンク

消費者金融で教育資金を借りるのは本当に無謀か?

教育資金は教育ローンを、、、、

 

マイカー購入はマイカーローンを、、

 

住宅購入は住宅ローンを、、、、

 

 

 

一般的にはお金を借りる場合はその目的にあった種類のローンを利用するのが王道とされております。

 

従って、金利の割高なフリーローンである消費者金融で教育資金を借りるのは無謀なイメージを抱く人もいるでしょう。

 

 

 

しかし、実際は本当でしょうか?

 

 

 

ここでは消費者金融は使い方次第では実はマイカーローンや教育ローンとしても有効に使える場合もありますし、決して無謀な行為では無い事を説明していきたいと思っています。

 

 

ちなみに既にマイカーを敢えてマイカーローンを使わずに消費者金融を使えば意外に有効であることを他のページでご説明しております

 

 

マイカー購入を消費者金融で借りる事の有効性

 

 

 

一方で、結婚資金をブライダルローンを敢えて使わずに消費者金融で借りることの有効性も説明しました

 

結婚資金を消費者金融で借りることの有効性

 

 

 

今回は、多くの子持ちの家庭の方が感心ある教育ローンについてです。

 

そう、教育ローンをブライダルローンとして使うのは本当に有効なのかについて説明いたします。

 

 

 

その前に教育ローンは一体どんな融資商品なのかについてご説明致します。

教育ローンとは

教育ローンとは金融機関が教育関係費用を融資するローン商品です。

 

主に学生の学費や教材費、入学費、受験費などの費用を金融機関から借りて毎月分割で支払をしていきます

 

 

 

ちなみに、教育ローンを借りるのは学生さんの保護者である両親です。

 

 

 

最近は少児高齢化で子供が少なくなっている家庭が多いですが、子供の教育にお金をかける親は依然として多く、お受験や私立学校等への進学には熱心な親が多い。

 

その為、教育ローンを利用する家庭がかなり多いです。

 

 

 

あるデータではここ数年間で教育ローンを利用する家庭が倍以上に増えているとのことです。

 

 

 

ここで疑問が出てくると思うのですが・・・・「奨学金」と「教育ローン」の違いです。

 

この両者を混同してしまう人も多いですが、「奨学金」と「教育ローン」性質は違うものです。

 

 

 

当記事では「教育ローンと消費者金融」にフォーカスしておりますので奨学金のことの詳しい説明は割愛しますが、簡単に「教育ローンと奨学金の違い」について説明いたします

 

 

 

(教育ローンと奨学金の違い)

 

◎教育ローン⇒親が利用者

 

◆奨学金⇒学生本人が利用者

 

 

◎教育ローン⇒予備校・塾の費用、出願料、入学金、学費、引越費用からアパート代、はたまたパソコン代や定期代など幅広く融資

 

◆奨学金⇒学費のみ融資

 

 

 

◎教育ローン⇒融資は一回(○○万円のまとまった融資を一回で受ける)

 

◆奨学金⇒毎月すこしづつ(毎月○万円〜といった感じでお金を受け取れる)

 

 

 

以上、同じ教育融資でも教育ローンと奨学金はこれだけ違いがあります。

 

その点を混同しないように教育ローンについて更に解説していきます

教育ローンの特徴

1)教育ローンの融資サービスは国、民間(銀行、信販会社、ノンバンク系)など色々あります

 

 

2)教育に関する利用目的ならば幅広く使える(学費、受験費用、交通費、宿泊費、教材費、家賃、敷金礼金、国民健康保険まで!)

 

 

3)審査基準がやや厳しめ

 

 

4)結構大口でまとまった金額を借りれます

 

 

4)融資手続きに必要な書類や資料などを用意する必要がある

教育ローンのメリットは?

◎金利がとにかく安い(1%〜5%位)

 

 

◎大口融資が可能(要審査)

 

 

◎国や銀行がサービスを行っている事が多く安心感がある

 

 

◎幅広い用途で使える(学費、受験費用、交通費、宿泊費、教材費、家賃、敷金礼金、国民健康保険まで)

 

 

◎最近ではインターネットが普及し来店不要で教育ローンの融資が受けられる

 

 

◎親のみならず、6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族が申し込み可能(国の教育ローンの場合)

 

 

◎融資が降りれば一括で大金が受け取れる

 

 

◎いつでも申し込みが可能(365日いつでも)

 

 

◎インターネットでお手軽に申し込みが出来るようになってきている(民間の場合)

 

 

◎総量規制は対象外です(年収の3分の1を超える融資も可能)

 

 

 

・・・・・以上、決して安くはない教育資金はまとまった現金をポンと用意できる家庭は少ないと思います。

 

そんな時にやっぱり金利の安い教育ローンを利用できるのは本当に心強いですよね?

 

 

 

特に融資先が国や銀行などだと安心感も違います。

教育ローンのデメリットは?

★低金利で借りれる反面、審査がやや厳しい

 

 

★審査基準に「年収上限」などを条件付けている教育ローンも多い

 

 

★また年収制限の条件をクリアしていたとしても審査が通らない場合も多い

 

 

★申し込みから審査結果、融資が降りるまで日数や時間がかかる(特に国の教育ローンは審査が遅い、融資が遅い)

 

 

★奨学金と違い契約者が親なので、親が毎月利息を含めて返済していかなければならない

 

 

★申込み書類がやたらに多い、手続きが煩雑である(金額のわかる納付書やパンフレット等、収入証明書、本人確認書類など色々ある)

 

 

★追加融資をする場合に新たに書類を用意し追審査が必要であること

 

 

★連帯保証人が必要な場合もある(主に国の教育ローンは)

 

 

 

教育ローンは安い金利で無理なく借りれるメリットがありますが、このメリットを享受できるのはあくまでも審査が通った人のみです。

 

一般的に審査が厳しめなので審査が通らなかった人は教育ローンで借りることができません。

 

 

 

特に国の教育ローンは審査が厳しいです

 

連帯保証人を求められることおあります。

 

 

 

そして何といっても申し込み手続きと用意する書類の煩雑さです。

 

パンフレットや教育資金でお金が必要となる原因の資料を用意しなければなりません。

 

 

 

収入証明書も当然必要で、教育ローンが要求している年収上限をクリアしていても審査に落ちる場合もあります。

 

 

 

また、運よく審査に通っても融資を受けられるまで2週間位かかることもあります(国の教育ローンでは)

 

民間では1日で審査結果が分かるところもありますが、一般的に多くの教育ローンは審査と融資がトロイです。

 

 

 

急いで教育資金が必要な人には少しハードルが高いように思えます。

消費者金融を教育ローンとして使う事は有効?得か?損か?

さて、そこで登場するのが消費者金融。

 

 

一般的にサラ金と呼ばれる消費者金融。

 

高利貸しと呼ばれる消費者金融。

 

 

 

そんな消費者金融が果たして教育ローンとして使えるのかどうか?

 

 

 

結論から言いますと・・・・使い方次第では消費者金融も教育ローンとして非常につかえるものであります。

 

 

 

ではなぜ消費者金融を教育ローンとして使えるのか?

 

まずは消費者金融を教育ローンとして使う事のメリットについて説明しましょう

 

 

 

 

(消費者金融を教育ローンとして使う事のメリット)

 

 

☆教育ローンよりずっと審査が甘い

 

※教育ローンの審査が通らなかった人で、どうしても教育資金が必要な人は非常に心強く頼れる存在といえます

 

 

☆教育ローンよりずっと審査が早い(即日審査&即日融資が当たり前)

 

※教育ローンの場合は、審査結果や融資まで数日〜数週間かかることがあります

 

 

☆手続きが非常にお手軽で簡単、手間もかからない

 

※消費者金融は用意する書類が「本人確認書(免許証や保険証、パスポート)」と「収入証明」のみです。

 

最近では収入証明書が不要で「免許証のみでOK」という消費者金融も登場しました。

 

 

 

 

☆契約後も限度額の範囲で継続的に使える

 

※キャッシングカードで限度額の範囲まで自由に利用ができます。

 

 

教育ローンの追加融資は追審査が必要でまた書類を用意しなければなりません

 

 

 

☆連帯保証人も不要

 

※教育ローンも保証会社の保証を受けられれば保証人が不要ですが、保証会社の保証が受けられない場合は連帯保証人が必要となります。

 

また国の教育ローンは大抵は連帯保証人が必要です。

 

 

☆無利息サービスなどがある

 

※最近では30日無利息サービスを行っている消費者金融も多いです。

 

短期間で教育資金を借りる場合は無利息サービスは非常にありがたいですよね??

 

 

 

・・・・以上のことから、消費者金融は教育ローンのデメリットを全てカバーしてくれるメリットが沢山あります。

 

 

では、消費者金融を教育ローンとして使う事のデメリットについても説明します。

消費者金融を教育ローン代わりに使うデメリット

★教育ローンよりも金利が割高である

 

 

※これは仕方があないですね。

 

審査が甘いローンは大抵は金利が高いです。

 

 

 

★契約した限度額が消費者会社の方で決められてしまう

 

※審査の結果次第ですが、こちらが希望した限度額で借りれない場合もあります

 

 

 

★総量規制に従った融資しか受けられない

 

 

※総量規制とは「年収の3分の1以内しかお金が借りれない」という法律の決まりです。

 

消費者金融の借り過ぎによる多重債務問題の解決方法として近年に制定された法律です。

 

 

消費者金融でお金を借りる場合、その総量規制に従わなければなりません。

 

あなたが既に年収の3分の1の借金を他社の消費者金融やカードローンでしている場合は、これ以上の融資が受けられません。

 

 

ちなみに教育ローンは総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の融資も可能です。

 

 

 

 

 

以上の事から、消費者金融を教育ローンとして利用するにはデメリットもあります。

 

そのデメリットをしっかり認識した上で上手く消費者金融を利用していくことです。

どんな時に消費者金融は教育ローンとして使えるか?

1)そもそも教育ローンの審査が通らない場合

 

 

2)今すぐ教育資金が必要な人

 

 

3)それほど大金を借りなくて済む場合(50万円〜100万円程度の場合)

 

 

4)継続してお金を借りたい場合(消費者金融は限度額の範囲でカードで継続して借り&返済ができる)

 

 

5)手間をかけずにお金を借りたい場合

 

 

6)長期間の返済をする必要が無い場合

 

 

 

以上、こんな時に消費者金融を教育ローン代わりに使うのが良いです。

 

 

つまり返済期間が長期戦にならない金額でお金を借りる場合は消費者金融でサクッと借りてサクッと返済すればOKでしょう。

 

逆に数百万円もの金額を借りる場合、消費者金融を使ってしまうと、大きな金利負担になりますので、出来れば避ける方が無難です。

 

 

 

消費者金融を教育ローンとして利用するなら金利の安い総量規制対象外の消費者金融がお得といえます。

 

 

 

 

スポンサードリンク


ホーム サイトマップ