ブライダルローンより消費者金融で結婚資金を借りる方が得?

ブライダルローンを消費者金融で借りる

スポンサードリンク

ブライダルローンについて

ブライダルローンは「結婚ローン」のことをいいます。

 

 

もっと正確な説明をすると、ブライダルローンは「結婚の準備金」を借りるためのローンです

 

 

結婚の準備金とは、ご存知「結婚式場費」や「披露宴費用」、「引き出物費」などです。

 

 

 

結婚式場と披露宴の資金って結構かかりますよね(ピンキリではありますが)

 

地味婚で安く済ませようとしても少なくとも100万円はかかるのが普通です。

 

 

 

また結婚準備金の費用は結婚式場や披露宴の費用だけに限らず、新婚旅行や新しい住居への引っ越し費用、新しい住居が賃貸ならば敷金、礼金などもそれに含まれる場合があります。

 

 

 

つまり結婚費用って幅広くかかるものです。

 

そしてまとまった金額(現金)を持っていないと結婚なんてできませんよね(笑)

 

 

 

現金が足りない人はどうしたら良いのかと言いますと、ブライダルローンを賢く利用するわけです。

 

ブライダルローンで融資を受けることができたら100万円〜300万円のお金を借りることができます(審査がありますが)

 

 

そして毎月少しづつ返済をしてく形になります。

 

 

 

お金があまり足りないけどすぐに結婚をしたい!!

 

そんな人にはブライダルローンはとっても役に立つローンであることはいうまでもありません。

 

 

 

以上のころからブライダルローンはメリットも沢山あります。

 

しかし実はブライダルローンにあ隠れたデメリットも沢山あったりします

 

 

次はブライダルローンのメリットとデメリットを解説してみます。

 

 

 

ブライダルローンのメリット

 

 

1)金利が安い

 

 

2)安心会社が多い(銀行が多い)

 

 

3)十分な限度額で借りれる

 

 

4)総量規制は対象外(年収の3分の1以上の融資も可能)

 

 

 

 

ブライダルローンのデメリット

 

 

1)審査が少し厳しい

 

 

2)審査がやや遅い、融資まで日数がかかることがある

 

 

3)手続きが面倒(見積書、収入証明など用意をしなければならない)

 

 

4)一括返済や繰り上げ返済で手数料がかかることがある

 

 

5)連帯保証人が必要になる場合もある

 

 

 

 

消費者金融をブライダルローンとして利用すると有利?

 

 

今までブライダルローンについて解説してきましたが、ブライダルローンは意外にデメリットや不便さもあることがお分かりいただけましたね。

 

そう、審査がやや厳しめで手続きも少し面倒だったりします。

 

 

 

「結婚資金を借りる」という目的で融資を受けるわけですから当然、結婚費用の見積もり書を作らなければなりません。

 

またその他、収入証明などの書類も用意をしなければなりません。

 

 

また時には連帯保証人を求められる場合だってあります。

 

 

 

そして申込から審査結果までやや日数がかかることもあります。

 

審査結果が分かるまで日数がかかるのも気持ちがソワソワしますよね

 

 

 

更に審査が通ったとしても融資まで時間や日数がかかることもあります。

 

今すぐ結婚費用が必要な人には柔軟性と迅速性に欠けるのがブライダルローンといえます。

 

 

 

そこで、ブライダルローンに変わるローンとして消費者金融を使ってみてはどうだろうか?

 

 

 

消費者金融をブライダルローンとして利用しようとする人はあまりいないかもしれませんが、実は最近の消費者金融は使い方次第では下手なブライダルローンよりも使えたりします。

 

勿論、消費者金融の利用目的は事業目的以外は自由なのでブライダルローンとしての利用も可能です。

 

 

 

では、以下に消費者金融をブライダルローンとして利用することによるメリットとデメリットについて解説します

 

 

 

消費者金融をブライダルローンとして利用するメリット

 

 

1)審査が甘い(アルバイトやパート、自営業、派遣社員でも借りれる)

 

 

2)審査が早い(30分〜60分程度で審査結果が分かる)

 

 

3)融資が早い(最短即日の融資も可能)

 

 

4)手続きが簡単で面倒が無い(最近では免許証のコピーだけでOKという消費者金融もある)

 

 

5)キャッシングカードを手に入れればコンビニのATM等で自由に借りたり返済できたりが可能

 

 

6)保証人は不要

 

 

7)無利息サービスの消費者金融もある

 

 

8)一括返済や繰り上げ返済をしたからと言って手数料がかかるわけでは無い

 

 

 

 

消費者金融をブライダルローンとして利用するデメリット

 

 

1)やはり金利が割高

 

 

2)希望通りの金額(限度額)を借りれない場合がある

 

 

3)総量規制に左右される(年収の3分の1以下しか借りれない)

 

 

 

 

以上、消費者金融をブライダルローンとして利用するとメリットが多い事に気付かされます。

 

 

そして意外にデメリットが少ないのです。

 

 

 

 

結論:うまく利用すれば消費者金融の方がメリットが大きい

 

 

急いで結婚資金を必要としている方や、結婚費用にそれほど大金を使わない予定の人(地味婚の人)、ブライダルローンの審査が不安な人、結婚式後に早く繰り上げ返済や一括返済をしたい方などは正直いってブライダルローンよりも消費者金融の方がつかえるでしょう。

 

 

結婚資金というのは、結婚式後にある程度返ってくる性質のものです(ご祝儀が沢山貰えるから)

 

 

結婚で受け取ったご祝儀をブライダルローンの返済に充てたいと言う人も多いはずです。

 

結婚式が黒字であれば、すぐに完済もできますからね。

 

 

 

しかし、ブライダルローンは繰り上げ返済や一括返済をすると手数料がかかる場合があります。

 

一方で消費者金融はそれがありません。

 

 

 

お祝儀で返済することを前提に短期間で結婚費用を借りる人にとっては消費者金融で融資を受けた方が効率的だったりします。

 

消費者金融の金利がブライダルローンよりも高いとはいえ、短期間で返済するのでしたらそれほど金利負担もありません。

 

 

 

また、最近では大手の消費者金融はどこも「30日無利息サービス」を行っています。

 

ぶっちゃけ、結婚式30日前に借りて30日以内にお祝儀で返済してしまえば、金利がゼロになります!

 

 

 

以上のことから下手なブライダルローンで借りるよりも消費者金融で借りた方がお得で良い場合もあります。

 

 

尚、消費者金融をブライダルローン代わりに使うならば総量規制対象外の消費者金融がお勧めです。

 

年収の3分の1以上の融資が可能だからです。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


ホーム サイトマップ